自己破産者は、最低でも5年はカードの借入が利用できない。

これは嘘の部分と嘘でない部分があげられます。

まずこの中の嘘は最低でも5年という部分。

最低5年ではなく最低でも7年はカードの借入は無理とお考えください。

更に、利用できないという部分は正しいです。
つまり、自己破産をした場合、カードローンを利用できるのは最低7年は必要という事。

もちろん、この7年でもカードローンを利用するのは非常に難しいのが現実です。

銀行や他融資機関は、融資審査を行う上で個人情報機関へ問い合わせし審査を行いますが、この情報機関をみることにより、過去の延滞であるとか事故歴はすぐにわかるので、自己破産等をすると最低でもその情報機関に6年ぐらいは履歴として残っていますので、まずはこの情報機関から名前が無くなるのを確認してからの申し込みが必要です。